少子高齢化が進む今、日本では様々な業種、業界において、収益構造が大きく変化しています。また、減少する労働力を補うようにAIやIoTによる効率化が進み、これからの時代、多くの業務やサービスが人手を必要としなくなると言われます。

    私は、雑誌記者として、また経営者として、多くの方々とお会いし、お話しさせていただく機会がありました。政治家から大手・中小企業の経営者、専門分野で働く企業人や職人、サブカルチャーの真ん中で活躍するアーティストなど、多種多様な人たちの考え方や生き方を見てきました。誰もが信念を持ち、自らの想いや会社の目標のために、全力を注ぎ続けていました。夢や事業を成功させた人たちとの会話で感じたことは、上司や友人、パートナー企業など形は様々ですが「人との出会い」がきっかけだったと話す方々が多くおられたことでした。

    今後、どれだけ自動化やAI化が進んでも「人」とのつながりは大切な要素です。ある出会いがきっかけとなり、物事が一気に進み始めるケースは非常に多いと考えます。とはいえ、出会いは、自身のテリトリーの中だけでは限界があるのも事実です。
    チャイルドリバーグループは、これまでの出会いや人脈を駆使し、まだ見ぬ価値の創造のための「きっかけ」作りを、人という側面から全力でお手伝いします。

    株式会社チャイルドリバーグループ
    代表取締役 子川 智